風俗デリヘルブログ 風俗デリヘルツイッター 風俗デリヘル求人相談 風俗デリヘル開業日記 広島デリヘル求人情報

2012年09月

【お悩みNo.39】シングルマザーを好きになったのですが…

お悩みNo.39-シングルマザーを好きになったのですが… 会合で知り合った女性とメールのやり取りを始めました。彼女は私より4歳年上で、4歳と7歳の子供がいるシングルマザーです。メールをやり取りしたり、電話で話すうちに意気投合し、2人で会うようになりました。思い切って告白したら、「あなたのことは好きだけど…恋人にはなれない」と言われました。好きだけど恋人になれないとは、どのような意味なのでしょうか。私はあきらめた方がいいのでしょうか?


hana[2]
一人の女でもあり“母親”でもあるが故…
 結婚するよりも離婚する方が数倍エネルギーが必要!なんて話を聞いたことがありませんか? デリヘルで働くシングルマザーは多くいますが、彼女たちの大半が「恋はしたいけど結婚はもう嫌」と言います。

 シングルマザーの生活はとても大変です。子供のために働き、育児や家事に追われ、自分の時間ができるのは子供が寝静まった深夜だけ。父親の役割もこなさなければならないため、精神的にも肉体的にも疲れ切ってしまう毎日なんです。

 だから、少しでも心を癒したい、少しは女でいたいという思いから、“仲のいい男性”がほしいという感情を抱くのだと思います。しかし、独身時代のように恋人になっていずれ結婚という感情にならないのは、子供がいるから。どこかでブレーキを踏まないと、母親の部分をおろそかにしてしまいそうになるからなんだと思います。

彼女と子供の両方を愛し、幸せにできるか…
 相談者さんの場合も同じことが言えるのではないでしょうか。「あなたのことが好きだけど恋人にはなれない」というのは、相談者さんのことが恋愛対象ではないという意味ではなく、「これ以上好きになってしまうと自分の気持ちが抑えられなくなる」と理解してあげるべきではないでしょうか。

 でも、相談者さんがさらに彼女にアタックするのは控えたほうがいいかも。なにしろ彼女は、「自分の幸せより、子供の幸せを優先できる」しっかりした女性。相談者さんが初婚で年下ということも、彼女の不安材料になっているのかもしれません。「俺が、彼女と子供たちをセットで幸せにしてやる!」という強い気持ちが伝わらない限り、現状から先に進むことは考えられないでしょう。

 幼児虐待の加害者の多くが、シングルマザーと同棲している男性(内縁の夫)や再婚相手です。好きになった女性以上に、子供を好きになるくらいの覚悟があって初めてシングルマザーとの将来を見据えた恋が成就するのだと思います。

この記事はZAKZAKに掲載されました。
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20120914/enn1209141131006-n1.htm

【お悩みNo.38】性感マッサージで働こうか悩んでいます

お悩みNo.38-性感マッサージで働こうか悩んでいます 現在、実家暮らしでフリーターをしています。趣味や習い事にもお金がかかりますし、さらに貯金もしたいので、性病の心配のないメンズエステの面接を受けようと思っています。ただ、私には結婚を考えている彼氏がいます。やはり、そういうお仕事はやめた方がいいのか悩んでいます。アドバイスをお願いします。


hana[2]
リスクを伴うお仕事でもあります
 こうした相談には、私じゃなくても「風俗で働くのはやめた方がいい」と言うはずです。風俗で働くリスクといえば、性病と周囲にバレルこと。どちらも可能性が高いわけではありませんが、完全に予防することが難しいのも事実です。

 風俗の世界に足を踏み入れる女の子の多くは、「生活が苦しい」とか「借金があって」など、どうしても今、お金を稼がなければならないという切羽詰った事情を抱えています。相談者さんは20代のフリーターで実家暮らし。貯金もそこそこあって、結婚を考えている彼氏もいる。だとしたら、あえて風俗で働く必要はないと思います。

 それでも働くというのであれば、以下の点に気をつけてください。

相当の覚悟をもって…
 風俗で働く上でのリスクは性病とバレ。メンズエステは手のサービスがメインなので、性病の心配はないでしょう。気にすべきは身内バレです。彼氏やご両親に風俗で働いていることがバレないためには、今までの生活リズムを変えないこと。そして携帯電話の扱いに注意することです。

 身内バレする女の子のほとんどが、行動を怪しまれて携帯電話をチェックされ、メールや電話の履歴から風俗勤めが発覚するケースが多いんです。できればプライベートと仕事用の携帯を分けるくらい、細心の注意を払ってください。

 さらに「お客さまにメアドや電話番号を教えない」「伝言板や掲示板にも極力メッセージを書かない」など、とにかく自分のプライベートな部分は秘密にしておくことも大切です。

 彼氏に内緒で風俗の仕事をするのは精神的にもつらいものです。バレてしまったときは、お金では買えない大切なものを失います。それでも…というのでしたら、すべてを失う覚悟で風俗嬢への第一歩を踏み出してください。
この記事はZAKZAKに掲載されました。
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20120907/enn1209071131005-n1.htm

【お悩みNo.37】風俗で働き100万円稼ぎたいのですが

お悩みNo.37-風俗で働き100万円稼ぎたいのですが初めまして。私は現在22歳で、税理士を目指しています。家族から離れて一人暮らしをして勉強したいのですが、一人暮らしのための資金がありません。100万円ほど必要です。風俗で働くことには不安がありますが、お金のために働こうと考えています。容姿には自信がないのですが、どのくらい風俗で働けば100万円たまりますか?


hana[2]
必要期間は人それぞれ…
 風俗業界で働いている女性たちは皆さん、何かしらの理由があって“お金のため”に頑張っています。「夫が失業して生活のために」という人妻さんがいれば、「2カ月以内に学費を払わなないといけなくて」という学生さんもいますし、「カードローンの返済が苦しくて」というOLさんもいます。

 だけど、風俗の仕事は甘い仕事ではありません。恋愛感情もない見知らぬ男性と唇や肌を合わせ、男性自身を口に含んでサービスするのが仕事なんですから、精神的にもキツイし、ストレスがたまる仕事です。

 相談者さんとは境遇が違うけど、私が印象に残っているある女性の話をします。その人は40代の業界未経験の女性。離婚してお嬢さんと家を出たものの、住む所はないし、浪人した娘さんの予備校の入学金すら払えず、まさに無一文の状態で面接にこられました。そのまま寮に入り、その日から出勤。「どうしたらお客さまに喜んでもらえるのでしょうか?」と自分なりに努力され、2カ月で150万円稼いで無事卒業されました。

 10年以上前のデリヘル業界なら、週5日・1日8時間くらい出勤すれば、月に100万円以上稼ぐ女の子はたくさんいました。しかし、不景気なのにデリヘル店の数が増え続け、競争が激化する今は、簡単に稼げる時代ではありません。まったく同じように出勤しても、月10万円しか稼げない女の子もいれば、100万円稼ぐ女の子もいます。ただし、稼いでいる女の子に共通しているのは、容姿うんぬんではなく、お客さまに満足していただける接客ができている(顧客満足度の高さ=リピーターさんが多い)かどうかです。つまり、100万円稼ぐための期間は人によってまったく違うということです。

早く卒業する近道は…
 もし相談者さんが風俗で働く場合、注意すべきことを挙げますので参考にしてください。

(1)笑顔…接客の基本です。お客さまの前では極力笑顔を絶やさず愛想よく振る舞いましょう。

(2)気遣い…男性は性的なこと以外にも、女性らしい優しさやちょっとした気遣い、仕草などにひかれます。もちろん言葉遣いも含めてです。

(3)身ぎれい…高価な服を身につけると言う意味ではなく、自分自身を美しく見せる努力を惜しまないということです。

(4)いいとこ探し…お客さまの「○○が嫌(苦手)」と思うと接客もネガティブになります。相手の良いところを見つけて、そこを好きになれれば自然と恋人気分になれます。

 働くお店を選ぶときは次の点に気をつけてください。お店のホームページの写真がきれいかどうかと、面接する方の服装や言葉遣い(対応)と人柄に問題がないかどうかです。

 私たちが、業界未経験の女の子に必ずいうのは、「目標や目的があってこの仕事を始めるのなら、それを1日も早く達成して卒業しようね!」ということ。相談者さんも、もしこの世界に身を投じたら、1日も早く100万円稼いで卒業してくださいね。

この記事はZAKZAKに掲載されました。
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20120831/enn1208311138006-n1.htm

【お悩みNo.36】デリヘル嬢を好きになった!どうすれば…

お悩みNo.36-デリヘル嬢を好きになった!どうすれば… 実は、生まれて初めてデリヘルを利用し、そこの女の子に好意を持ってしまいました。プライベートで会うとお互いリスクがあるので、多少お金を出して会おうと言う話になりました。でも僕はまだ働き初めて2年で、お金はあまりありません。どうしたらいいでしょうか?


hana[2]
ここはひとつ冷静に考えてみて
 デリヘルを利用する男性の多くが、「初めて指名した女の子がどんな子か、ドキドキする」と言います。中には、「このドキドキ感を味わうために毎回違う女の子を指名する」なんてお客さまがいるくらいです。相談者さんのように、初めてデリヘルを利用したなら、女の子が到着するまでの間、心臓が破裂しそうなくらいハラハラドキドキしてたんじゃないでしょうか。

 ところで、吊り橋を男女が一緒に渡るとき、橋が揺れた際のドキドキ感が、相手へのドキドキ感と勘違いしてしまうことがあるそうです。これを「吊り橋効果」と言うらしいのですが、相談者さんはこれに当てはまるんじゃないでしょうか? 初めてデリヘルを利用するドキドキ感と、女の子がやって来るまでのドキドキ感、会ってからプレイが終わるまでの興奮が加味されれば、女の子に恋心を抱いてしまっても不思議ではありません。

 しかし、ここはひとつ冷静になって考えましょう。風俗は究極の接客業と言われているように、女の子たちはお客さまに束の間の恋人気分を味あっていただけるように努力します。相談者さんが出会った女の子も、あなたに優しくしてくれたり、プレイを楽しませてくれたのは仕事だということを理解してください。

ほぼ、間違いなく…
 私が気になるのは「プライベートで会うならお互いリスクがあるので、多少お金を出して会おう」という点。デリヘル業界では、女の子がお店を通さずにお客さまからお金をもらって会う行為を“店外デート”と呼びます。バレたときは、女の子はクビになったり罰金を請求されるケースもあるようです。それを思えば、お金を出して会うことを承諾した女の子は、あえて店外デートがルール違反だということを知った上で相談者さんの誘いに乗ったわけですから、確信犯といわざるを得ないし、もしかするといろんなお客さまと店外デートをしている可能性があります。

 恐らく、下心なしで好きになってしまったという相談者さんの純粋な思いは店外デートでは満たされることはないでしょう。私の個人的な意見で申し訳ないけど、あと15人くらい違う女の子を指名してみてはどうでしょう? きっと、今以上に素敵な嬢に会えると思いますよ。

 それでも、真剣に彼女のことが好き!と思うのなら、その女の子が好きな理由を10個以上書き出してみてください。それを冷静に読み返せば、恋に恋している自分に気がつくはずです。

この記事はZAKZAKに掲載されました。
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20120824/enn1208241131007-n1.htm

まるで不審者(@Д@; 

新人の姫を無事お客様との待ち合わせ場所まで送っていき、そのままドライバーさんと帰ったらいいのに
事務所までの30分くらいをお散歩がてら、歩いて帰ることにした夕暮れ

気持ちよく歩いていたらお店の電話が鳴ったので、歩きながら「もしも〜し」といつものようにお客様とピイチクおしゃべりしていたら

な〜ぜ〜か歩道にすってんころりん

こけただけならいいんだけど、持っていた11個の携帯電話が散乱・・・
道行く親切な方々がどんどん拾ってくださって、とてもありがたかったんだけど・・・皆さんが口々に「たくさん持ってますね〜クスクスW」「大丈夫ですか?クスクスW」

華「はい大丈夫です<(_ _)>ありがとうございました」

携帯電話11個を普通に持ってるのって、まるで不審者状態だったので、その場を逃げたいいっしんで びっこもひかずにスタスタ見栄張って歩いたこと数分

ひねった足首が、どんどん痛くなってきて、とても事務所まで歩あける状態じゃなくなってしまったので、結局ドライバーさんにお迎えを頼んじゃました
(ノ_-;)ハア…最初っから車で帰ってりゃよかった
2012090801200000
風俗デリヘルカサブランカグループ長谷川華
バツイチになり男の子二人を抱えた極貧生活の中、家の電気が止まってしまった事を機にデリヘル嬢になる事を決意。数年間デリヘル嬢として働いた後、女の子にとってより働きやすい環境を作るためお店をオープン。
風俗デリヘルカサブランカグループさーや
旦那の借金でどうにもならなくなりカサブランカに入店、華さんと出会う。華さんの人柄に憧れ「雑用でも何でもします!」とスタッフを志願。今も華さんを目指して勉強中です。気軽に「さ〜や」って呼んでください!
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
スタンプ作りました♪
スタンプ ブログPC用200-200



さーやとライン☆
QRPC用2


風俗デリヘルブログカテゴリ別アーカイブ
 
風俗デリヘルブログ月別アーカイブ
 
月別に記事を読む
風俗デリヘル長谷川華ツイッター
風俗デリヘルブログQRコード
風俗デリヘルブログQRコード
  • ライブドアブログ