これは、ほんの数時間前の話なんだけど

待ち合わせ場所まで、歩いていたら ヒールの裏からカツカツ音が鳴っていたので
見てみたら、すりへってて、金具が顔を出していたの(/||| ̄▽)/

時間あったし、修理しに行こうかと辺りを見回してみたら…

(言い方悪いけど)ここやってるの?ってくらいかなり古びた靴屋さんがあったの
でも入り口に、手書きで靴の修理いたしますって、書いてあったから

ヒール直してくれるかな〜って、思って飛び込んでみました( *・ω・)

すると、もう90近いんじゃなかろうかってくらいの、おじいちゃんが
大声で、電話で話していたんです(`Д´)

その内容を聞いていると、どうもおじいちゃん、耳が遠いみたいで
電話の相手さんと話がかみ合っていない様子

おじいちゃんも血圧あがる勢いで、しゃべってるから( ̄u ̄;)ハァハァゼェゼェ…

今流行り?!の住宅系とかの詐欺電話とかじゃなかろうかと思って

華)電話かわりましょうか?
って聞いてみたんです するとその声も聞こえずらいみたいで
おじい)何個ですか?
コレじゃ、らちあかないんで、ジェスチャーで電話変わる事を伝えて

ほぼ無理やり電話変わったんだけど

どうやら相手さんは、おじいちゃんのやってる靴屋さんの問屋さんだったみたいで

いつもなら、お嫁さんが電話に出てくれるみたいなんだけど、偶然にもお留守だったみたい

で、おじいちゃんの発注した靴の番号がどうも違ったみたいで
その確認の電話だったの

で、メモを見ながら、取引先の人とやりとりした華ちゃん
プチ事務員さんさしてもらいました〜ヾ(〃^∇^)ノ

で、ようやくかかとの修理をしてもらい
華)おいくらですか?
おじい)100円でええよ
華)( ̄△ ̄;)エッ・・?いやいやおいくらですか?
おじい)1000円くださいね 
華)直してほしい靴まだあるから、またきますね
おじい)これなええのつけといたけ、3倍もつからの(*^.^*)

やさしいおじいちゃんとの、数分のふれあいだったけど
なんか、すっごくありがとうって、思ったなぁ〜

バツイチママのデリヘル開業日記 - livedoor Blog 共通テーマ