スーパーに買い物に行って、お菓子売り場を通ったときにいた
小学3年くらいの男の子三人がお菓子を吟味していたときの会話

A「おまえいくらもっとんや」
B「100円」
A「おまえ金持ちじゃん」
C「でも100円じゃこれ三個買えんじゃん」
B「なんで俺がお前らのも買うんや」
AとC「えーけちかよーーーーぶうぶう」

100円を持った少年Bは、金持ちとほめられた直後
けちと落とされたのであった