いつ頃からアイドルに興味を持つようになったんだろうとふと思い、ちょっと思い出してみました。

最初にはまったのは日本国内のアイドルでは無く、2012年にAKB48の姉妹グループとして、中国上海で結成されたSNH48の2期生、鞠婧禕(ジュージンイー。愛称:きくちゃん)が「夜風の仕業」(柏木由紀オリジナル歌唱の公演ソロ曲)を歌っているところをYoutubeか何かで見てからだったように思います。

それからはキクちゃんを中心にSNHばかり聴いていました。ただ本家本元のAKBには全く興味はなく、元々はAKBの曲にも関わらず中国語バージョンしか知りませんでした。それからしばらくして日本語で歌うAKBのオリジナルを聴いた時は、何か不思議な感覚でした。

元々中国が好きで中国語を勉強したり、中国の音楽もよく聴いていたので、その流れでたまたまSNH48に辿り着いたのかもしれません。契約トラブルにより日本のAKBグループと無関係になってからはすっかり興味が無くなってしまいましたが…

その後、AKB48、「二人セゾン」で欅坂46に興味を持ち、地元のSTU48、そして今現在は、IZ*ONEが日々の活力となっています。

きんちゃんでした♪
jujinyi