風俗デリヘルブログ 風俗デリヘルツイッター 風俗デリヘル求人相談 風俗デリヘル開業日記 広島デリヘル求人情報

風俗お悩み相談室

お悩みNo.104-気になる女性と仲良くなる方法

広島のデリヘル「カサブランカグループ(https://casablanca.holdings/)」の代表、長谷川華です。
風俗業界で経験してきた知識や体験を元に、皆さんの悩みにアドバイスさせていただきます。

今回は、20代の男性から「職場のきになる女性とお近づきになる方法を教えてほしい」という相談です。


お悩みNo.104-気になる女性と仲良くなる方法 私は子どものこの頃から人見知りで、かなり口下手なタイプです。これまで女性とお付きあいこともありません。そんな私ですが、職場に気になる女性がいます。彼女とは職場ですれ違った時などに挨拶する程度の関係ですが、もう少し仲良くなりたいと思っています。彼女と距離を縮める良い方法はありませんか?

hana[2]


防衛本能は逆効果?
 人は恋に落ちると、好きな人の前では「好かれたい!」という感情より「嫌われたくない!」という防衛本能が働きます。ましてやそれが片思いともなれば、地球防衛軍並みの安全策で女性と向き合うわけで、そんな男性に魅力を感じてくれる可能性は限りなくゼロに近いと言わざるを得ません。

 相談者さんの場合、女性とお付き合いしたことがないという恋愛経験値の低さに加え、“人見知りで口下手”というハンディを抱えています。しかし、それをネガティブに考えるのではなく、むしろ「そこら辺のチャラ男とは一線を画す、恋愛に対して奥手な、シャイで寡黙男性」とポジティブに考えてきましょう!

変化に気づき伝えよう
 さて、具体的なアプローチ方法ですが、まずは気になるお相手の観察が基本。女性はオシャレに敏感ですから、髪形、服装、ネイルなど、彼女のちょっとした変化を気付かなければなりません。さらに、今日は元気そうとか、表情が暗いなど、精神的な変化にも注意を払いましょう。

 彼女の変化に気付くようになればもう大丈夫。これまでどおり、職場ですれ違った際に、「あれ? 髪形変わった?」とか「なんだか元気ないけど大丈夫?」など、挨拶ついでに彼女の変化を気付いているアピールしましょう。それを繰り返すうちに「私の変化に気付いてくれる男性!」という印象を持ってくれるし、自然に会話が弾むような間柄になれるはずです。

やりすぎは注意 

 ただし、「昨日のピアスと違うね」とか「口紅変えた?」など、よ〜く注意して観察してないと分からないような、些細な変化には触れないこと。間違いなく「キモイ男」として二度と挨拶することはなくなか、ストーカーの烙印を押されて上司から呼び出しを食らうでしょう。


 ■長谷川華(はせがわ・はな)
中国地方で最大規模の風俗店カサブランカグループ代表、作家。
バツイチになり男の子2人を抱えた極貧生活の中、家の電気が止まってしまったのを機にデリヘル嬢になることを決意。数年間、デリヘル嬢として働いた後、女の子にとってより働きやすい環境を作るため、自ら店をオープンさせた。今年で13年目で、現在、中国地方を中心に全国でデリバリーヘルス(デリヘル)など58店舗を展開している。「ママの仕事はデリヘル嬢」(ブックマン社)を出版。



東洋経済の連載はコチラ
zakzakの連載はコチラ
華ちゃんの本はコチラ
TV出演はコチラ

お悩みNo.103-言葉責めの上達法?

広島のデリヘル「カサブランカグループ(https://casablanca.holdings/)」の代表、長谷川華です。
風俗業界で経験してきた知識や体験を元に、皆さんの悩みにアドバイスさせていただきます。

今回は、30代の女性から「男性が喜ぶ言葉責めのやりかたがわからない?」という相談です。


お悩みNo.103-言葉責めの上達法? デリヘルで働いている三十代のシングルマザーです。自分でもMだと言う自覚があり、言葉責めをされるのは好きでも、するのは苦手です。しかしお客様の中には、「いじめて欲しい」という方もいらっしゃり、どうしていいのか分からなくなります。言葉責めを上手にできるようになるにはどうしたらいいですか?

hana[2]


練習あるのみ
 よほど変わった性癖があったり、生まれもっても女王様でもないかぎり、言葉責めが得意という女性は少ないと思います。とはいえ風俗嬢は、プレイの範疇でできる限りのサービスを提供するのがお仕事。相談者さんのように、プレイ上の悩みを抱えている女性はいっぱいるのです。

 さて、どうすれば言葉攻めが上手くなるのか?ということですが、こればかりは「練習をする」以外に方法は無いと思います。とはいうものの「こんなことを言おう」なんて、あらかじめ台詞を丸暗記すればいいというわけではありません。むしろ、そんなことをすると、想定外の答えが返ってきたときにパニックになるだけ。

 言葉なんてものはリズムが大切。まずは、痴女系のAVを見て、女優さんがどんな感じで男性を責めているのか、どんな言葉で男優さんを辱めているのか、そのリズムとテンポを雰囲気で理解すればOK。

禁欲で原点回帰
 ご自身でも気づいていいらっしゃるように、彼とのエッチで満足感を得たければ、強い刺激に慣れてしまったクリトリスの感覚を元に戻すのが一番。電マでオナニーをしないのではなく、しばらくの間エッチもオナニーも我慢して、極限まで禁欲してみてはいかがでしょう。

 それが1ヶ月なのか、2ヶ月なのかは分かりませんが、禁欲生活が明けて彼と結ばれた時には、自分でも驚くくらい敏感な身体に戻っているんじゃないかと思います。それから先は、オナニーの時も電マは封印。原点に返って、自分の指で優しく刺激するオナニーに切り替えてください。

愛情をもった言い方で 

 次に、状況を描写するような言葉を発すること。勃起している男性自身を触りながら「こんなに大きくなってる」とか「我慢汁がいっぱい出てる」など、目に見えたもの、肌で感じたことを言葉にすればいいんです。ただし、言い方には注意が必要。あくまでも甘く焦らすような喋り方と、耳元で囁くように話すのがコツ。

 あとは、“自分がお客様のお姉さんやお母さん”という立ち位置で、「気持ちいいんだろ?」ではなく、「気持ちいいの?」と言ったように、(愛情を持った)上から目線で話してみましょう。ここまでできるようになれば、「どこが気持ちいいの?」「もう一回言って?」「どうして欲しいの?」といった、簡単な受け答えができる質問をするのもアリです。

習うより慣れよう 

 いずれにせよ、言葉責めは慣れるしかないので、簡単なところから少しずつ練習してみてください。ただし、お客様がかなりのドMでもない限り、「小さなチンコ」とか「汚い○○」など、身体的なコンプレックスを罵倒するような言葉責めはNG。あくまでも言葉責めは、“お客様を興奮させ、その場の空気をエロくするためのスパイス”だということを忘れないでくださいね。


 ■長谷川華(はせがわ・はな)
中国地方で最大規模の風俗店カサブランカグループ代表、作家。
バツイチになり男の子2人を抱えた極貧生活の中、家の電気が止まってしまったのを機にデリヘル嬢になることを決意。数年間、デリヘル嬢として働いた後、女の子にとってより働きやすい環境を作るため、自ら店をオープンさせた。今年で13年目で、現在、中国地方を中心に全国でデリバリーヘルス(デリヘル)など58店舗を展開している。「ママの仕事はデリヘル嬢」(ブックマン社)を出版。



東洋経済の連載はコチラ
zakzakの連載はコチラ
華ちゃんの本はコチラ
TV出演はコチラ

お悩みNo.102-電マじゃないと感じない?

広島のデリヘル「カサブランカグループ(https://casablanca.holdings/)」の代表、長谷川華です。
風俗業界で経験してきた知識や体験を元に、皆さんの悩みにアドバイスさせていただきます。

今回は、20代の女性から「電マじゃないと気持ちよくない。どうすれば彼とのエッチで感じられるようになるのか?」という相談です。


お悩みNo.102-電マじゃないと感じない? 電マでオナニーをするようになってから、彼にクリを舐められても気持ちいいと思えなくなりました。電マの刺激が強すぎのるが原因だと分かっているのですが、自分の指ですると物足りなさを感じてしまいます。どうすれば、彼とのエッチでもっと気持ちよくなれるのでしょうか?

hana[2]


気持ちイイのも考えモノ
 セックスでイケない男性が意外と多いらしく、その理由は、オナニーの方法にあるんだとか。共通しているのは刺激の強さ。オナニーのときに男性自身をかなり強い力で握って激しく擦っているんだそうです。だから、膣の圧力だけでは刺激不足で、挿入しても気持ちよくない=中折れしちゃう=発射できないんだとか。

 考えてみれば、人間なんて自分が経験した出来事に順応しながら成長していく生き物。バージンの時はアソコに男性自身が入ってくるなんて「痛くて無理!」と思っていたのに、気がついたら気持ちよくなっているのと同じ。相談者さんのように、電マの刺激になれてしまったんじゃ、クンニで感じなくなっても不思議ではありません。

禁欲で原点回帰
 ご自身でも気づいていいらっしゃるように、彼とのエッチで満足感を得たければ、強い刺激に慣れてしまったクリトリスの感覚を元に戻すのが一番。電マでオナニーをしないのではなく、しばらくの間エッチもオナニーも我慢して、極限まで禁欲してみてはいかがでしょう。

 それが1ヶ月なのか、2ヶ月なのかは分かりませんが、禁欲生活が明けて彼と結ばれた時には、自分でも驚くくらい敏感な身体に戻っているんじゃないかと思います。それから先は、オナニーの時も電マは封印。原点に返って、自分の指で優しく刺激するオナニーに切り替えてください。

いっそ本当の自分を見せよう 

 ただし、どうしても電マオナニーを止められないと言うのであれば、彼とのエッチでも電マを使ってもらいましょう。気持ち良さそうな演技をするくらいなら、本気で気持ちよくなれる道具を使うのも、考えようによってはアリだと思いますよ。


 ■長谷川華(はせがわ・はな)
中国地方で最大規模の風俗店カサブランカグループ代表、作家。
バツイチになり男の子2人を抱えた極貧生活の中、家の電気が止まってしまったのを機にデリヘル嬢になることを決意。数年間、デリヘル嬢として働いた後、女の子にとってより働きやすい環境を作るため、自ら店をオープンさせた。今年で13年目で、現在、中国地方を中心に全国でデリバリーヘルス(デリヘル)など58店舗を展開している。「ママの仕事はデリヘル嬢」(ブックマン社)を出版。



東洋経済の連載はコチラ
zakzakの連載はコチラ
華ちゃんの本はコチラ
TV出演はコチラ

お悩みNo.101-彼との関係を進展させたい

広島のデリヘル「カサブランカグループ(https://casablanca.holdings/)」の代表、長谷川華です。
風俗業界で経験してきた知識や体験を元に、皆さんの悩みにアドバイスさせていただきます。

20代の女性から「手を繋ぐ以上のことを求めてこない彼と、関係を進展させる方法がないか?」という相談です。


お悩みNo.101-彼との関係を進展させたい 恋愛経験の少ない彼から告白されて、付き合い始めて半年になります。優しくて人柄も良く、私のことをとても大切にしてくれているのですが、手をつなぐことはあってもそれ以上の進展がありません。私からキスや肉体関係を求めるのには抵抗があります。なにか二人の関係が前進する方法はありませんか?

hana[2]


アナタを大切に想ってるから
 キスフレやセフレなんて珍しくない今の世の中。お付き合いして半年にもなる成人したカップルが、“手を繋ぐだけ”というプラトニックな状態だなんて、アンビリーバブルを通り越して感動モノだと思います。

 ちなみに、二人が手を繋ぐようになったきっかけはなんだったんでしょうか? 彼から手を繋いできたの? 相談者さんがお願いしたの? 偶然に手が触れた瞬間から始まったの? 

 もし、彼から手を繋いできたのだとしたら、自然の成り行きに身を任せた方がいいと思います。きっと彼は、相談者さんのことを大切にしたいから、本能や性欲の赴くままに求めることなく、時期とタイミングを図っているだけだと思う。

開発されてないだけ?
 ところで、クリトリスは、胎児の段階で女の子に成長する段階で、ペニスになるはずだった性器の発達が止まってできたもの。男性が興奮すればペニスが勃起するように、女性も快感を味わえばクリトリスが大きくなります。

 つまり、尿道があるかないかの違いを除けば、ペニスもクリトリスも機能としては全く同じと考えられるわけで、イッたことがない女性は、クリトリスの快感に気付いていない(開発されていない)だけの話だと思います。

偶然のキスは期待薄 

 相談者さんからお願いしたのか、偶然から始まったのだとしたら、これから先も同じような展開でしかことが先に進まないともいえます。とはいえ、偶然手が触れることはあっても、唇が触れ合う可能性は限りなくゼロ。

 一番いいのは、「キスして…」と、おねだりすることですが、さすがに女性からは言いだしにくいですよね。いっそ、お泊り旅行に行くことも考えましたが、それで何も進展が無かった場合、相談者さんは今以上に悩むハメに…。

まずはほっぺから
 そこで私が考えたのが、【とりあえずキスしちゃう作戦】。といっても、おねだりするんじゃなく、デートの別れ際などに「今日はアリガトね♪ チュ!」って感じで軽くほっぺにキスするだけでOk。これなら簡単でしょ!

 大切なことは、たとえ頬だとしても『二人がキスをしたという事実』。彼氏さんいとて、相談者さんが、“手を繋いでも大丈夫な彼女”から、“ほっぺにキスしても大丈夫な彼女”になればいいんです。

 きっと彼氏さんも、心の中では「キスしたい!」と思っているはず。だけどタイミングが分からなかったり、「キスしようとして、彼女に嫌がられたらどうしよう」と、二の足を踏んでいるのかもしれません。

 “ほっぺにチュ”を繰り返していれば、そのうち(意図的に?)たまたま唇と唇が…なんてことになるはず。彼氏さんが全く性欲の無い超草食系男子でないことを祈りながら、一日も早く二人の関係が前進されることを祈っております。


 ■長谷川華(はせがわ・はな)
中国地方で最大規模の風俗店カサブランカグループ代表、作家。
バツイチになり男の子2人を抱えた極貧生活の中、家の電気が止まってしまったのを機にデリヘル嬢になることを決意。数年間、デリヘル嬢として働いた後、女の子にとってより働きやすい環境を作るため、自ら店をオープンさせた。今年で13年目で、現在、中国地方を中心に全国でデリバリーヘルス(デリヘル)など58店舗を展開している。「ママの仕事はデリヘル嬢」(ブックマン社)を出版。



東洋経済の連載はコチラ
zakzakの連載はコチラ
華ちゃんの本はコチラ
TV出演はコチラ

お悩みNo.100-オナニーするとイケる?

広島のデリヘル「カサブランカグループ(https://casablanca.holdings/)」の代表、長谷川華です。
風俗業界で経験してきた知識や体験を元に、皆さんの悩みにアドバイスさせていただきます。

今回は、19歳の女性から「今まで一度もイッたことがない。オナニーをすればイケるようにまりますか?」という相談です。


お悩みNo.100-オナニーするとイケる? これまで何人かの男性とお付き合いをしてエッチをしましたが、一度もイッたことがありません。触られたり舐められたりすれば気持ちいいし、かなり濡れやすいと思うので不感症ではないと思います。友達は、「自分でするのが一番」といいますが、本当でしょうか? 

hana[2]


若い女の子には少なくない
風俗のお仕事をしている女性の中にも、「今までイッたことがないんです」という人がいるくらいだから、まだ19歳という若さで、男性経験もさほど多くないと思われる相談者さんが、イッたことがないのは不思議な話じゃないと思います。

 ちなみに、私が今まで出会ってきた「イッたことがない」という女の子(風俗嬢)に共通しているのは、オナニー経験がないか、経験はあっても「自分で触っても気持ちよくない」ということ。さらに大半の人が「クリトリスより膣の中の方が気持ちいい」って言うんですよね。


開発されてないだけ?
 ところで、クリトリスは、胎児の段階で女の子に成長する段階で、ペニスになるはずだった性器の発達が止まってできたもの。男性が興奮すればペニスが勃起するように、女性も快感を味わえばクリトリスが大きくなります。

 つまり、尿道があるかないかの違いを除けば、ペニスもクリトリスも機能としては全く同じと考えられるわけで、イッたことがない女性は、クリトリスの快感に気付いていない(開発されていない)だけの話だと思います。


気持ちの開放がカギ
 相談者さんはこれまでオナニーの経験がないようですが、お友達の言うとおり、自分でクリトリスを触ってみて、気持ちいいポイントを探す(開発する)のが一番早い方法かもしれません。ローターなどのオモチャを使うのも効果的でしょう。

 ただし、オナニーで快感を得るためには、自分自身の気持ちを開放してあげることが大切です。「自分で触っても気持ちよくない」とか、「オナニーするなんて不潔」など、心の中でブレーキをかけではイクことはできません。

 もしろ、好きな人とエッチしている状況を思い出したり、憧れの芸能人とラブラブな状態を妄想したり、AVやラブコメを見るなどして興奮状態を作り出すことが重要です。「これ以上気持ちよくなったらヤバイ」というその先に、イクという感覚が待っているはずですよ。


 ■長谷川華(はせがわ・はな)
中国地方で最大規模の風俗店カサブランカグループ代表、作家。
バツイチになり男の子2人を抱えた極貧生活の中、家の電気が止まってしまったのを機にデリヘル嬢になることを決意。数年間、デリヘル嬢として働いた後、女の子にとってより働きやすい環境を作るため、自ら店をオープンさせた。今年で13年目で、現在、中国地方を中心に全国でデリバリーヘルス(デリヘル)など58店舗を展開している。「ママの仕事はデリヘル嬢」(ブックマン社)を出版。


東洋経済の連載はコチラ
zakzakの連載はコチラ
華ちゃんの本はコチラ
TV出演はコチラ
風俗デリヘルカサブランカグループ長谷川華
バツイチになり男の子二人を抱えた極貧生活の中、家の電気が止まってしまった事を機にデリヘル嬢になる事を決意。数年間デリヘル嬢として働いた後、女の子にとってより働きやすい環境を作るためお店をオープン。
風俗デリヘルカサブランカグループさーや
旦那の借金でどうにもならなくなりカサブランカに入店、華さんと出会う。華さんの人柄に憧れ「雑用でも何でもします!」とスタッフを志願。今も華さんを目指して勉強中です。気軽に「さ〜や」って呼んでください!
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
QRPC用2


風俗デリヘルブログカテゴリ別アーカイブ
 
風俗デリヘルブログ月別アーカイブ
 
月別に記事を読む
風俗デリヘル長谷川華ツイッター
風俗デリヘルブログQRコード
風俗デリヘルブログQRコード
  • ライブドアブログ