風俗デリヘルブログ 風俗デリヘルツイッター 風俗デリヘル求人相談 風俗デリヘル開業日記 広島デリヘル求人情報

全国展開

お悩みNo.108-人見知りのデリヘル嬢

広島のデリヘル「カサブランカグループ(https://casablanca.holdings/)」の代表、長谷川華です。
風俗業界で経験してきた知識や体験を元に、皆さんの悩みにアドバイスさせていただきます。

今回は、20代の現役風俗嬢さんから「お客様と上手くコミュニケーションをとる方法を教えて欲しい」という相談です。


お悩みNo.108-お客様と上手くコミュニケーションをとる方法を教えて欲しい

 事情があってデリヘルのお仕事を始めました。だけど子供の頃から人見知りで口下手なので、お客様と会話が弾みません。笑顔にも気をつけていますが、たぶんぎこちない表情になっていると思います。こんな私でもお客様と打ち解けられる方法はありますか? どんな話をすれば会話が弾みますか?


hana[2]

あなただけじゃない

 風俗のお仕事をしている女の子で「人見知りなんです…」とか「口下手で…」なんて人はたくさんいるから、まずは“自分だけじゃない”って安心してください。むしろ私は、こうして自分の欠点を克服しようとする、相談者さんの向上心というかやる気を評価したいと思うくらいです。

リピートの為に

 入店間もないシロウトさんなら、「人見知りで口下手なんです」とアピールしたほうが、むしろお客さまウケするけど、それにも限度があります。風俗のお仕事は、お客様に満足して頂いて、リピートして頂いてナンボの接客業。これから先のことを考えれば、何とか克服しなければいけません。

観察してみる

 かといって口下手や人見知りって、昨日今日なったわけじゃないからこそ、克服するにも時間がかかるし、決して容易なことではないでしょう。そこで私からアドバイスは、「観察力を磨く」こと。相手のことをよく見て、相手の良いところを見つけ出して、そこを褒めてあげればいいんです。

褒めてみよう

 ガッチリした人なら「スゴイ筋肉ですね、体鍛えてるんですか?」とか、メタボな人なら「(抱きつきながら)お肌が気持ちいいですね」とか、痩せてる人なら「スレンダーでスタイルいいですね」などなど、自分の良いなって思った気持ちを正直に言葉にするだけ。あとは相手が返した言葉に反応しながら会話を進めていけばOK。

第一歩は

 「何か喋らなきゃ」なんて考えなくていいし、ペラペラ喋れなくてくても大丈夫。ちょっとした会話のきっかけを掴んで、相手に喋ってもらえる環境を作ればいいだけ。あとは、すこしでも早くスキンシップがとれるように、「手を繋いでもらっていいですか?」とか「ハグしてもらっていいですか?」と、お願いしてみましょう。肌を触れ合わせれば、自然とキスをする雰囲気が生まれ、キスをした瞬間から一気に打ち解けられるはずです。  いつまでも、その初々しさを忘れず、相談者さんが一日も早く目標を達成して、卒業できる日をお祈りしております。



 ■長谷川華(はせがわ・はな)
中国地方で最大規模の風俗店カサブランカグループ代表、作家。
バツイチになり男の子2人を抱えた極貧生活の中、家の電気が止まってしまったのを機にデリヘル嬢になることを決意。数年間、デリヘル嬢として働いた後、女の子にとってより働きやすい環境を作るため、自ら店をオープンさせた。今年で13年目で、現在、中国地方を中心に全国でデリバリーヘルス(デリヘル)など58店舗を展開している。「ママの仕事はデリヘル嬢」(ブックマン社)を出版。


華ちゃんの風俗お悩み相談室
東洋経済の連載はコチラ
zakzakの連載はコチラ
華ちゃんの本はコチラ
TV出演はコチラ

お悩みNo.106-セックスの回数を減らしたい

広島のデリヘル「カサブランカグループ(https://casablanca.holdings/)」の代表、長谷川華です。
風俗業界で経験してきた知識や体験を元に、皆さんの悩みにアドバイスさせていただきます。

今回は、30代の人妻さんから「セックスの回数を減らす方法はありませんか?」という相談です。



お悩みNo.106-セックスの回数を減らす方法はありませんか?

 結婚して8年になります。主人のことは好きだし、セックスも嫌いではありません。しかし子供がまだ小さく、育児や家事に追われて私も疲れており、主人から毎晩求められるのが辛いです。断ろうとすると、不機嫌になるので仕方なく応じています。せめて週に2〜3回で我慢してもらう方法はありませんか?




hana[2]

気持ちを伝える

 結婚して8年経っても毎晩求めてくるご主人って、よっぽど奥さんのことが好きなんでしょうね! なんて思う人もいるでしょうが、問題は「断ろうとすると不機嫌になる」こと。自分の性欲解消が最優先で、相談者さんの気持ちを理解していない身勝手な男性に思えてなりません。  しかし、「主人のことは好きだし、セックスも嫌いではありません」という相談内容から、夫婦仲は円満だということも理解できます。だとしたら、ご主人とちゃんと向き合って、「もう少し回数を減らして欲しい」と、自分の気持ちを正直に伝えるべきです。

ご主人にアピールしてみては?

 今は、ご主人のことが好きだから「仕方なく応じる」ことができているだけ。これから先も同じことが続けば、セックスそのものが苦痛になってくるだろうし、最悪の場合、ご主人に対する愛情が憎悪に変わる日が来るかもしれません。  あくまでも、「したくない」のではなく、「したいけど、毎日が辛い」ということを伝えましょう。さらに「あなたのことが好き」だけど「私の辛い気持ちを理解してくれないなら、あなたのことが嫌いになるかも」という、ご主人の思いやりのなさをアピールしましょう。きっと理解してもらえると思いますよ。

大豆を食べて性欲増進 

 余談ですが、大豆はとても身体にいい食材なのに、植物エストロゲンという女性ホルモンが多く含まれているそうで、男性が摂取すると性欲を減退させる効果があり、女性が食べると性欲が増進するんだとか。なので、普段の食事に大豆をたくさん使ってみるのもアリかもしれませんね(笑)



 ■長谷川華(はせがわ・はな)
中国地方で最大規模の風俗店カサブランカグループ代表、作家。
バツイチになり男の子2人を抱えた極貧生活の中、家の電気が止まってしまったのを機にデリヘル嬢になることを決意。数年間、デリヘル嬢として働いた後、女の子にとってより働きやすい環境を作るため、自ら店をオープンさせた。今年で13年目で、現在、中国地方を中心に全国でデリバリーヘルス(デリヘル)など58店舗を展開している。「ママの仕事はデリヘル嬢」(ブックマン社)を出版。


華ちゃんの風俗お悩み相談室
東洋経済の連載はコチラ
zakzakの連載はコチラ
華ちゃんの本はコチラ
TV出演はコチラ
風俗デリヘルカサブランカグループ長谷川華
バツイチになり男の子二人を抱えた極貧生活の中、家の電気が止まってしまった事を機にデリヘル嬢になる事を決意。数年間デリヘル嬢として働いた後、女の子にとってより働きやすい環境を作るためお店をオープン。
風俗デリヘルカサブランカグループさーや
旦那の借金でどうにもならなくなりカサブランカに入店、華さんと出会う。華さんの人柄に憧れ「雑用でも何でもします!」とスタッフを志願。今も華さんを目指して勉強中です。気軽に「さ〜や」って呼んでください!
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
QRPC用2


風俗デリヘルブログカテゴリ別アーカイブ
 
風俗デリヘルブログ月別アーカイブ
 
月別に記事を読む
風俗デリヘル長谷川華ツイッター
風俗デリヘルブログQRコード
風俗デリヘルブログQRコード
  • ライブドアブログ